設置
消す
ボーダー
背景
ライン
文字
向き
クリア
引く
消す
ライン
太さ
クリア
カラー
太さ
濃さ
種類
クリア
開始
赤文字
消す
使用
クリア
カテゴリーカバー画像
一般教科
最終更新日 : 2021/02/27
記事のサムネイル

プラグマティズムを超分かり易く解説!

ウィリアム・ジェームズらが生み出した哲学「プラグマティズム」について分かり易く解説します。プラグマティズムを日本語に訳すと実主義、道具主義、実際主義となります。これを聞いて「なんだか難しそうだな」と思った方も多いと思いますが、そんなことはありません。全ては理解できなくともどういう事が大事とされているのかはすぐに分かるはずです。

私は今までゲーム関係の記事を書いてきましたが、今回紹介するプラグマティズムは対戦ゲームなどでも役に立つ考え方だと思います。ゲーム以外でも勿論役に立つことが多いので、覚えておいて損はないはず。是非読んで行ってくださいね。

プラグマティズムとは?


プラグマティズムを簡単に説明すると、理想や理念に気をを巡らす事よりも
。もっというと、行為の良し悪しは結果によって決まるからという思考法です。といっても、ただの結果主義の考え方というわけではありません。

周りからは悪いとされていても、その行為を行った人。こう言った価値観があるのが、プラグマティズムの特徴と言えます。例えば、あなたは横断歩道を渡れずに困っているおじいさんを助けて遅刻したとします。学校の教師からすれば、遅刻の理由が単なる寝坊であっても、おじいさんと一緒に信号を渡ってあげていたとしても遅刻は遅刻と、成績を下げなければなりません。

しかし、あなたの視点ではどうでしょうか?自分自身は遅刻をしてしまいましたが、おじいさんという一人の人間を助けた事になります。このような場合プラグマティズム的思考で考えると、なんでおじいさんを助けたのに怒られたか、どうして遅刻はいけないのかといった理由ではなく、今回の結果はということになります。これからも、自分が遅刻しようが困っている人を助けるという道を選ぶのか、それとも遅刻して怒られるのは嫌なので何があろうとも学校に行くか。このように

物の意味は、その人によって決まる

プラグマティズムにおいて。例えば目の前に大きな木があるとして、その木に。子供にとっては木登りをする為の遊具。老人にとっては休憩する為の日陰。建築家ににとっては木材になると考えているかもしれません。そう、なんです。

分かり易い例を挙げましたが、今度はもっと身近な例を挙げてみましょう。人生で一度は「」そんな考えを浮かべた事があるのではないでしょうか。プラグマティズムにおいて、これは自分で決める事。神様を信じていた方が、自分にとっては居心地が良いと考えるのも、この世の全ては科学で証明できると考えるのも正解です。

どちらも事実として証明されなくとも、、それだけで良い。本当にあっているかなどは大きな問題ではありません。二つに大きな違いなどはなくであるという事です。

この考え方で得られるもの

プラグマティズム的思考は、仕事や作業を進める上で大切なものだとされています。結果だけを見て改善する事、そ
れはのです。

例えば、世間的にはモーニングルーティンを取り入れるのは良い事だとされていますが、それをしている本人にとってはどうなのか、結果に注目して考えてみましょう。モーニングルーティンをこなした上で作業をこなすとモチベーションが上がる。という方はもちろん引き続きやっていきやっていけば良いと思います。しかし、取り入れたおかげで睡眠時間や作業時間が減り不健康になってしまった場合、それは本当に必要なものなのでしょうかね。これは分かり易い極端な例なので、そんな事は当たり前だと思う方もいるかも知れません。しかし実際、こういったとされています。それに気づく事が出来るのがプラグマティズムです。

。この考え方を持てば、自分のどこをどうすればより良い人生を送れるか、成果を出せるかを見いだせるのではないでしょうか。

最後に

今回はプラグマティズムについて分かり易く解説してみました。興味を持った方は是非ご自身で知らべて深掘りしてみて下さいね。自分の何をどう改善するか困った時に、この思考法を思い出してみると良いと思います。

私的にはプラグマティズム的な考え方をする際に一番大事な事は、「だと思っています。周りがどう思おうが、どんな常識があろうが自分の基準で判断する事が大切。なのではないでしょうか。
  • プラグマティズムとは?
  • 物の意味は、その人によって決まる
  • この考え方で得られるもの
  • 最後に

この記事を書いたユーザー

ユーザーカバー画像 ユーザーアイコン

えの

記事 : 10

登録 : 2 (Subscription : 0)

コメント

キャンセル
コメント

記事を報告

報告
キャンセル