設置
消す
ボーダー
背景
ライン
文字
向き
クリア
引く
消す
ライン
太さ
クリア
カラー
太さ
濃さ
種類
クリア
開始
赤文字
消す
使用
クリア
カテゴリーカバー画像
数学
最終更新日 : 2021/02/23
記事のサムネイル

文字式のルール

この記事では,文字式って何なのかと文字式のルールについて解説します.

中学に入って初めて学ぶ考え方も多くあるので,しっかりと,着実に理解していきましょう.

文字式とは

まず,文字式とは、文字を使った式のことです。

文字式とは以下のようなものです.

3a   5x   10+y

数字だけでなく、a,x,y などの文字も使って表していますね。


では,どのように文字を使うのでしょうか

小学校の算数を思い出してみてください○や△を使って計算することがあったと思います.


例えば,1本50円の鉛筆を○本買ったときの代金はいくらですか?

という問題のとき,50×○(円)と表しました.


この◯が中学校からは文字に変わります.

つまり,この問題でいうと

1本50円の鉛筆をx本買ったときの代金はいくらですか?

に変わるだけなんです.

答えは,50x(円)になります


あれ?×はどこいったの?

と思った人は鋭いです.

文字式には書き方のルールがあるんです.


次のセクションで詳しく見ていきましょう.

文字式のルール

文字式のルールについて学んでいきましょう.

文字式のルールは大きく分けて2つあります.

① 掛け算は×を省略し,割り算は分数の形で書く

例えば, 5 × a = 5a,      5 ÷ a = 5 / a

のように書くようにしましょう.( / は分数の-を表しています.

さらに文字式は数字を前,あとに文字を書くようにしてください.


例題で確認しましょう.

1.  b × c × 3

2.  a ÷ 4

3.  5 × a ÷ b


答えは

1.  3bc (文字はアルファベット順に書くと◯)

2.  a / 4

3.  5a / b


2つ目のルールにいきましょう.

② 同じ文字をかけたものは,~上の形にしましょう.

例えば,  a × a × a = a^3  のように表します.

(^3はaの右上に3がついていることを表していて,a^3はaの3乗と読みます)

また,a^3のようなものをと呼びます.


こちらも例題で確認しましょう.

1. b × b × b

2. a × a × 2 × b


答えは

1. b^3

2. 2a^2b 

になります.

まとめ

文字式が何なのかと文字式のルールについて学びました.

一度理解してしまえば,簡単なところなので,あとは演習を積みましょう!
サムネイル一般教科

正負の数の計算

pv291 / up1年前

  • 文字式とは
  • 文字式のルール
  • まとめ

この記事を書いたユーザー

ユーザーカバー画像 ユーザーアイコン

path

記事 : 5

登録 : 1 (Subscription : 0)

コメント

キャンセル
コメント

記事を報告

報告
キャンセル